これってバグ?Instagramが変になった時のお助け知識

Instagramに投稿をしている時に、ハッシュタグが反映されないという問題に遭遇することがあります。たまにそれが閲覧できなくなるケースもありますが、ハッシュタグをフォローすることでそのアカウントの投稿と同様自分のフィードに掲載されるようになります。特に特定のキーワードについて常に情報を得たい時には利用価値のある機能ですが、時々ハッシュタグが反映されないときは様々な原因があり機能しなくなっている可能性があります。

Instagramのシステムにバグが発生している可能性がありますし、それによりハッシュタグがうまく機能しなくなっています。バグの場合はInstagramに原因があるため、改善方法はただ改善されるのを待つのみになります。他のユーザーも同様に機能しない状態なので、他のSNSでそのような投稿を見かけることもあるのでチェックしてみることもできます。

たまにアプリのバージョンが最新にアップデートされていないケースも見られ、ハッシュタグが反映されないだけではなく他の機能も作動しないことがあります。このようなときにはアプリのストアから最新のバージョンになっているかを確認し、古い場合はOSアップデートしてみることで正しい文字列になる可能性が考えられます。

いいね数の表示不具合はInstagramに問題があるので、ユーザーからの対処法がないので不具合の修正がされることを待つのみとなります。通知が来たら実行することが対策で、いいね数の表示不具合は推測できないほどたくさんのいいねをもらうことで気がつくことが多く、OSアップデートをしたり、再インストールや再ログインを行います。

アカウントに制限がかけられている場合はアカウントの切り替えを行なって見て、そこで正常に動いているかどうかを調べます。いいねの通知不良にも言えることですが、アカウントの切り替えを行うことで、ハッシュタグがうまく機能していないケースもわかります。文字化けするときな正しい文字列にするために、再ログインや再インストールを行うことで様子をみます。一度ログアウトをしてから再ログインをすることで直るケースもありますし、アカウントの切り替えがそれでもできない場合はInstagramのキャッシュが多くなりアプリ自体の容量が重くなっていることが原因として考えられます。

ログアウトをして一度再インストールをすることはキャッシュの整理にも繋がりますし、データは復元することが可能です。いいねの通知不良などでも制限がかけられることがあるので注意が必要です。ハッシュタグを一つの投稿に付けるのは使用個数が決まっていて30個未満とされているのですが、もし31個以上付けている場合はハッシュタグが付けられないまま投稿されることになります。ハッシュタグの使用個数を30個未満にしながら、意識をつけて投稿することが大切です。