参考にしたい有名インスタグラマーから学ぶ手法

パソコンを持っている男性

人気インスタグラマーが投稿する写真はたくさんの反響が得られているものから選ばれるので、まずは9枚の写真で統一感のある投稿をしていきます。構図をよく考えながら時系列に並んでいれば、人気の投稿の欄に掲載されることになります。Instagramへ投稿するときにはハッシュタグをつけますが、その選定はとても大切で人気インスタグラマーになるかどうかの分かれ道となっています。

人気投稿欄に掲載されたい時は特に大切で、フォロワーが増えるようなものに着目していきます。ユーザーが自分のギャラリーを見にきてくれたときに、統一感のある設定の方がインスタ映えする率が高くなります。アプリなどでカラーコントロールをすることができますし、これを利用しながらギャラリー構築をしていくことが人気インスタグラマーへの近道になります。テーマが点在していると見ている人にとってとてもわかりにくいギャラリーになるので、とあるテーマに特化している写真をまずは9枚掲載することで印象がぐっと変わります。

特に人気のインスタグラマーを例にして見るとHalno Kujiraokaさんは、ほうきで空を飛んでいる人ということでユーザーへ強い印象を与えています。Halno Kujiraokaさんが行なっている活動自体もメディアで幾度も取り上げられていることから、ユーザーではなくても見聞きしたことがある人も多いくらいです。コメントは関西弁で綴られており、ほうきで飛んでいる男性との印象にギャップがあることも人々の興味を引きつけます。これくらいの知名度があれば、企業からの依頼も増えることになりほうきで空を飛ぶことをテーマにすることでギャラリー構築が整ってきます。

Yamazaki Keiさんはおしゃれな写真が沢山投稿されている人気インスタグラマーですが、特徴的なのが毎日朝食としてワンプレートの写真をアップしています。かなり構図がしっかりとしており、テーマに特化しているので見ている人からしても安心感があります。そして朝食のクオリティが高いため、そこから書籍化を行なっているので大きなギャラリー構築ができていることになります。国内のみにとどまらずYamazaki Keiさんは海外からのフォロワーも多いので、世界で影響力のあるインスタグラマーなる可能性もあります。

フォロワーが30万人を超えているという濱田英明さんは、国内外で注目されているカメラマンでとても美しい写真を投稿しています。スマートフォンで撮った写真をアップするところから始めているので、濱田英明さんのようにカラーコントロールなどを行い気軽に始めて見る人も多いです。